草木染シルクタンクトップ【ビーナスピンク】

販売価格 6,600円(税込7,128円)
在庫数 在庫 0 枚

ML

SOLD OUT
シルクを草木染めで染め上げたナチュラルなインナーです。繊細で贅沢だけど日常使いのできる質のいいシルクを草木染めで仕上げました。
限定色ビーナスピンクです。

先行予約特典価格でのお届けになります。お届けは9月後半から10月の予定です。

シルクの高機能性

シルクはその美しさ以上に、繊維としての機能性の高さがあります。機能性を追求する登山用ウエアのインナーにも使われるほどなのです。
タンパク質の繊維なので、人間の肌との相性はとても良く保湿性があります。また寒いときは暖かく、暑いときには肌に涼しく感じられるエアコンのような機能もあります。
なにより、するするとした肌触りの良さは、着ているだけでストレスが減っていくような心地の良さ。
ただ、シルクの弱点として、生地の厚さによってはとても繊細だったり、また非常に原料として高額、加工費もシルク専用の工場でないと扱えないなど、他の繊維類に比べるとずっと割高になってしまいます。

「花の命を着る」というコンセプトで活動しているエシカルファッションブランドLiv:raさんの協力を得て、「日常的に使えるレベルのシルクの中でもできるだけ上質のもの」を選んでいます。

草木染めの優しさと難しさ

昔からの染色方法である草木染めでお作りします。
古くから、染料は薬として重要な役割を持っていたそうです。草木の持つ薬効を布に含ませて常に身につける=「服用」するという医療的な意味合いが強かったそうです(時代劇でたまに見る熱を出した人が紫の鉢巻をしたりというのもその一種)。
今回の草木染は、旧来の草木染めを踏襲しつつ新しい手法を取り入れた新万葉染めという手法で染めます。石油系界面活性剤なしでポップで美しい色合いを生み出します。
日本発草木染めのランジェリーブランドであるLiv:raさんのサイトで詳しく説明されています。
一般的にシルクの草木染製品は、化学染料と比べると染料が高価で職人技が必要なこともあって、大変にお値段が張ります(高級な着物など)。またその日の湿度や気温などで色に変化が起きるので、化学染料のように安定した色合いにならないところが弱点でもありますが、そこが味わいでもあります。
身体の一番近くで寄り添ってくれるインナーが自然の力を宿すように丁寧に作られたものであるというのは、大変心地のよいものです。

画像でお出ししている色合いは目安として大幅に変わることはないのですが、染める当日の状況によって画像とは濃さやニュアンスは変わってまいりますので、その点をご了承いただければと思います。


※お洗濯は弱酸性の石鹸洗剤をご利用ください。手洗いが一番長持ちしますが、洗濯機ネットでも可能です。お洗濯後は、日陰干しで乾燥させてください。詳しくはLiv:raさんのサイトもご参考ください。シルクは高温と摩擦に弱いので、温水でのお洗濯や乾燥機は避けてください。脱水も数十秒で十分です。非常にコンパクトで乾きも早いので、洗面器で手洗いされる方がずっと早くお手入れできる場合も多いかと思います。

新万葉染めは通常の草木染めよりも色落ちがしにくい技法ではありますが、天然のため色の変化が起こることがあります。


女性のための色、茜(あかね)

少し黄みがかった薄く儚いビーナスピンク。
ピーチピンク、メロンピンク、朱鷺色、曙色、東雲色と言われるような、まろやかな色合いです。さっと頬にひとはけするだけで肌が美しく引き立つチークのような、女性を美しく見せてくれる色合いです。
シルクの光沢感があるせいか、ローズクォーツのような質感にも見える、静かな華やかさ。
茜には、浄血や保温に効果のある薬草とされてきました。赤ちゃんの肌着(金太郎の赤い腹かけなど)や女性の腰巻(花魁遊女の赤い襦袢など)によく使われるのは、その「血を浄化する」と言われていた効果のためだったそうです。
肌に一番近い場所に、シルクの力と茜の力でできた女性のためのナチュラルランジェリーです。


【サイズについて】
Mサイズは9号相当、Lサイズは11号相当です。
全体的にゆったりとしたシルエットで、身体を締め付けないゆるやかな着心地です。

【お届けについて(よくお読みください)】

9月下旬から10月のお届けとなる予定です。
お届けまでにお時間を頂戴いたします。


宅急便でのお届けになります。ご住所に間違いがないよう、ご注意ください。


Your recent history